洗顔石鹸と洗顔フォーム

洗顔にこだわる方は多いのですが、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いを理解して選んでいますか?

洗顔料は大きく分けて、「石鹸」と「フォーム」があります。
見た目が「固形」と「チューブ・泡」という違いではありません。固形でも石鹸ではないものもあります。また、固形でなくても石鹸というものがあります。

一言でいえば、配合されている成分が違います。
には界面活性剤が含まれていますが、汚れや余分な皮脂を洗い流してくれるものですから問題はないのですが、”合成”とつくと食器用洗剤や洗濯洗剤などに含まれる成分と同じと理解してもよく、たとえ天然成分由来とあっても、洗浄力がとても強く洗顔料としては逆効果になる恐れがあります。

石鹸は弱アルカリ性ですが、フォームは弱酸性や中性のものがほとんどです。
弱アルカリ性は自分の力で肌を活発にする作用をしますから、石鹸のほうが肌には良いといえます。

洗顔石鹸の成分のほとんどは、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどの天然成分で構成されています。
石鹸には合成界面活性剤は含まれていません。防腐剤や香料、着色料、アルコールなども添加されていません。

肌に必要な成分まで落とすことはなく、お肌自らが潤おうとする働きが出てきます。石鹸を使い始めたしばらくの間は洗顔後につっぱり感がありますが、使い続けているうちに肌本来のチカラがついてきて、内側から潤ってしっとりしてきます。これも弱アルカリ性の働きのよるものです。

ただ、きわめて敏感肌の場合は石鹸の種類によっては刺激を受けてしまうことがあるので、洗顔料選びは慎重にする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>