コラーゲンサプリは過剰摂取で副作用が出る?

arasuteki

髪や肌にとても良いとされる成分の一つが、コラーゲンです。コラーゲンは、一般の食品からも摂取することができます。たとえば、豚足やフカヒレ、さらには鳥の皮や軟骨といった食品です。しかし、これらの食品は高級食材であるため、毎日食べられるわけではありません。それで、是非とも積極的に活用したいのが、コラーゲンサプリでしょう。

コラーゲンサプリには、大きく分けて二つの種類があり、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンに分類できると言われています。このように、体には欠かせないコラーゲンですが、気になるのは過剰摂取による副作用です。基本的に言って、コラーゲンサプリも食品の一種です。その摂取量が上限を超えていたために副作用が出たという具体的な報告は、提出されていないと言われています。実際に、コラーゲンそのものの摂取量の目安や、一日のうちに摂取する上限量ははっきりとは決められていないとされています。

しかし、サプリで摂る場合、一般の食品から摂る場合と異なり手軽に飲めるため、容易に摂取量の上限を超えてしまうということになりかねません。もちろん上記の通り、過剰摂取による具体的な副作用の例はないとは言え、小さな問題としては幾つか挙げられています。その中には、ニキビができやすくなるとか、脂肪が増えてしまうといった事柄が含まれます。また、たんぱく質に対するアレルギーがある場合には、摂取量に十分注意する必要があるでしょう。

一般に、体のエネルギー源となるものは幾つかあり、それらをバランス良く摂ることが必要です。コラーゲンはたんぱく質の一種であるため、たんぱく質そのものの摂取量を目安にすることができるでしょう。たとえば、成人男性の場合、たんぱく質の一日の摂取量はおよそ六十グラムであり、成人女性は五十グラムほどと言われています。しかし、コラーゲンはたんぱく質の一部でしかなく、一般の食品からも色々なたんぱく質を摂取しているものです。それで、コラーゲンサプリを利用する際には、摂取量の目安に十分注意を払うことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>